Copyright © Chikanari Co.,Ltd. All rights reserved.

​・運営会社 株式会社ちかなり  ・Photographer ​Syuichi Hyodo

日立情報通信エンジニアリング 丸尾亮太郎選手インタビュー

Tuesday, December 6, 2016

今年の全日本総合選手権を振り返っていかがでしたか

丸尾「最低でもベスト8以上を目標にしていたので達成はできました。でももう一つ上に行きたかったです。準々決勝の対戦相手となった日本ユニシスの坂井選手は今年の全日本社会人選手権の準々決勝で敗れた相手です。その時はネット前を抑えられて思うように自分のプレーができませんでした。そこで今回の坂井選手との試合では工夫して長めの球出しをしたり、ロングラリーを我慢してプレーしました。ネット前も受けにならなかったのは良かったと思います。しかし基本的なストローク、後ろのつなぎ球、抑え球、崩し球とかは坂井選手に及びませんでした。今一番の壁は坂井選手です。一方、不思議なことに早稲田の先輩でもある上田拓馬選手とは試合したことがありません。上田先輩にも挑戦してみたいですね。」

 

 

 

坂井選手に勝つためには何が必要でしょうか

 

丸尾「しっかり自分の体が入ったときに打つショットの切れは負けてないと思います。でもやはりつなぎ、相手を崩してからネット前で決めるところである配球のところをもう少し考えてプレーしたいですね。戦術的な駆け引きの部分を突き詰めていければチャンスはと思っています。今回、再度対決して感じたことは、ひとつひとつのショットというよりも、ゲームメイクに差があると感じました。次こそは勝つために今秘策を練っているところです(笑)。」

 

 

コーチからはどのようにアドバイスされていますか

 

丸尾「坂井選手との一戦に関していうと自分の持ち味は出せていたのですがバリエーションが単調で配球に課題があると指摘されました。自分のやりたいことが封じられたときにどう切り替えられるか、その対応力が必要かと思います。」

 

 

 

この一年を振り返っていかがでしたでしょうか。

 

丸尾「2015年はランキングサーキットベスト16、全日本社会人ベスト4、全日本総合ベスト16、そして2016年はランキングサーキット、全日本社会人、全日本総合、いずれもベスト8。少しずつステップアップできている感はありますがここでは満足できないし悔しいです。」

 

 

今年5月のスラバヤインターナショナルで3位入賞を果たしました。(スラバヤインターナショナル​関連記事

 

丸尾「会社から海外遠征をさせてもらえるようになって、コンディショニング、試合の入り方など、どういう環境でもしっかり自分のプレーを出せるようになりました。多少のことでは動じなくなったことに成長を感じます。少しずつですが試合でも経験が積まれてきていると感じています。」

 

 

現在はどんなことを課題に練習に取り組まれていますか

 

丸尾「海外に目を向けると自分の体はまだまだひ弱なのでフィジカルトレーニングは続けています。もちろんチーム全体でも目標をもってトレーニングしています。チームのなかでフィジカル目標を設定していますがまだまだ達していません。」

 

 

 

 

食生活は?好き嫌いとかありますか?

 

丸尾「食事には好き嫌いはありません。なぜなら、母が厳しかったので(笑)。」

 

 

この後、12月13日から行われるイタリアインターナショナルに出場されますね

 

丸尾「少しずつランキングは上がってきてはいますが全然結果は出せていません。毎回そうですが、結果にはこだわっていきたいです。遠征費は会社から出していただいています。そのサポートへの感謝を意識して、会社の名前を背負っている以上は会社のためにも優勝したいです。頑張りたいと思います。」

 

 

 

 

S/Jリーグへの思いを(S/Jリーグ関連サイト

 

丸尾「チームの状態は良くなっているなかで日立が強くなっているということを示すにはリーグで勝つことが大事です。日立のエースと言われるように自分が強くならなければいけません。また、上のチームを倒すことで日立のブランド・価値を高めたいと思っています。リーグ戦開催期間中は会社の仕事は午前中のみで午後からは練習しています。午後から自分たちが抜けることに対する一般の社員の皆さんのサポートにもすごく感謝しています。その分も含めて会社のために頑張らなくてはという気持ちは強いです。」

 

 

 

丸尾亮太郎

 

1991年11月10日生

 

180cm 70kg

 

伊勢崎清明高校 → 早稲田大学

 

2014年4月日立情報通信エンジニアリング入社

 

2016年の主な戦績(全てシングルス)

日本ランキングサーキットベスト8

全日本社会人選手権ベスト8

全日本総合選手権ベスト8

スラバヤインターナショナル3位(海外初表彰台)

 

試合動画(YouTube)

tournamentsoftware.com

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

Saturday, October 28, 2017

Please reload